読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろ記録

おえかきと写真とその他もろもろ

大奥~華の乱~

ドラマ感想文。

 

一言で表すと、「なんかすげえもん見た」(雑)

 

谷原章介さんすっごく好きだったんだけど、今回のこの上様役で心の底からいらいらしたw

でも最後までっていうか、スペシャルまで観て哀しい人だなあと思った。

上様だけでなく吉保も御台様も、お伝も。みんな。

幕末江戸時代(※ご指摘あったので訂正しますあほを晒したよお♡)にあまり明るくないから詳しい話は知らなかったんだけど、しょうもないことで揉めてるなあと思いつつ、それでもすごく共感しちゃう点もあったから複雑。

 

小池栄子さんが最高オブ最高怖い女です大賞を独占してたんだけど、終盤の藤原紀香さんが良い感じに巻き上げてきたん素晴らしかった。

目! なんか目! すごい!! って感じ(雑)。

 

歴史にもしもはないんだけど、「この時こうだったら」と悔やむ点があまりに多くて全体的にちょっぴり悲しいお話だったなあ。

女のバトルには笑わせてもらったけど。

個人的に最初の大奥の安達祐実のキャラクターが一番好き。可愛い。「うえさん」呼び可愛い。

 

正直この時代のことほとんど知らない状態で観ていたけど、「生類憐みの令」ですべてを悟った。こ の ひ と か!!!って。

でも学校の授業ではその令のことしか学ばなかったから、奥のこととかもさらっと教えてくれてていいと思うの。おもろいから。駄目か。

 

見終えてから綱吉公のことさらっと調べてみたら男女どっちもいけて、吉保とそういう関係説もあって「あっ……(察し)」とかなっちゃったりならなかったり。

あくまで華の乱では里久ありきのお話ですもんね。そうですもんね。……察し。

 

もうなんか北村一輝さんの若い時から死に際までの演技が最高でした。声のトーンまで全然違う。すごい。魅入る。

f:id:kuro_1021:20170222005416j:plain私の初月代は一輝に捧げる。くっっっそ難しい。そして似ない。クウッ